久留米絣(生地)について

生地は、九州の福岡県南部、筑後地方で僅かに生産されている久留米絣(くるめかすり)という伝統織物です。昔から反物として作られている生地ですが、ちょっと贅沢に新品のまま「てぬぐい」として商品化しています。

そもそも絣とは、経糸(たて糸)と緯糸(よこ糸)で織られる「平織り」と呼ばれる古典的な織物で、近代の織物とは違い、織った生地にプリントや染めで柄を出すのでは無く、糸の段階で染色が行われる「先染め」で作られています。つまり、糸の段階で織った後の柄を計算し、染めたくないところを紐で縛っておくという糸一本一本に手間のかかった気の遠くなるような作業が代々受け継がれています。

こうして織られた生地は糸一本ずつが柄となるため裏表無くに対象の柄が入り、少しカスれたような柄出来上がります。実は日本でもその技術が残る地域はわずかとなり、二ユー・ヒロカワではその一大産地である福岡県八女郡広川町の織元から直接生地を仕入れ、現地でも縫製を行い、地域に貢献できる事業を目指しています。

江戸時代から続く伝統生地の風合いをどうぞお楽しみください。


製作方法や染料について

久留米絣は約200年を超える歴史があり、その製作工程も昔ながらの「手染め手織り」と「機械織り」の大きく分けて2種類あります。

 

手染め手織りー徳島県の本藍で染め(草木染めを行う職人も居ます)、手織りの旧式織機で製作された生地です。全行程が熟練の職人でなければ製作が不可能と言われています。天然素材を手作業で染め、織られているため、肌触りも柔らかく、敏感肌の方や小さなお子様にも比較的安心してご利用いただけます。また、天然素材を使い、全て手作業のため年間生産量にも限りがあります。

機械織りー久留米絣の機械織りは例外なく約100年前に製造されたY式織機と呼ばれる豊田佐吉(現トヨタグループの創始者)が開発したこの織機(現在は廃番となりパーツの入手も困難な状況です)で織られたものを指します。最新織機では出ない、独特のトラディショナルな風合いが特徴と言われています。

手織りに比べると生産量も多く比較的安定した供給が可能でもあります。機械織りの工場では色鮮やかなカラーバリエーションで展開することが多く、化学染料でしっかりと染められています。